2010年01月01日

2010お年賀

 その虎は寝床にラジオを持ってきて、何年も電源オンで置きっぱなし。
 旅行者の誰かが置き去りにしたトランジスタラジオは、自動発電式であるがゆえに今なおDJの声と最新ナンバーを届け続け、密林の中一匹でいても寂しくない。
「3・2・1、Happy New Year!!」
 虎はラジオから聞こえてくる言葉も人間の行事もわからないけれど、年に一度聞こえる歓声はなんだか、とても、好きだ。


 謹賀新年。
 良い年になりますようお祈りいたします。
 本年も何卒。

 2010年1月1日 三里アキラ
posted by 三里アキラ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(2) | Sudden Fiction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 新年から楽しませていただきました。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 茶林小一 at 2010年01月01日 01:17
こういうじんわりほっこり系はなんだか、とても、好きだ。です。
今年もよろしくお願い致します。
Posted by 楠沢 at 2010年01月02日 21:12
 茶林博士、ごきげんよう。
 改めましてあけましておめでとうございます。
 ほんとに楽しんだのかねー、寂しい言うたの誰かねー(ひがみ)。
 本年もどうぞよろしくお願いしますが、うちに雷管や導火線を持ってこないでくださいね。はぁと。

 楠沢さん、ごきげんよう。
 あけましておめでとうございます。旧年中は粘着ストーカー気味ですみませんでした。本年は気をつけますので、遊んでくださると嬉しいです。
 新年から「好きだ」とは、超ウレシーです(いつのギャルだ)。ありがとうございます。
Posted by 三里 at 2010年01月03日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136951734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2010年賀小説「三種の神器」
Excerpt:  最近の若い人は「三種の神器」というのを知っているだろうか。もともとは天皇の子孫発祥のとき、天照大神から授けられた鏡・剣・玉を指す...
Weblog: マイクロスコピック
Tracked: 2010-01-02 17:46

年賀小説2010
Excerpt:  隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ねていたが、大変な酒好きだった。 「またそんなに呑んで。勉学はどうしたのです...
Weblog: 緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌
Tracked: 2010-01-03 00:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。