2011年10月08日

+伴奏+

 小さな講堂の小さなステージで小さな女の子が歌を歌う。その声は伸びやか。客席は暗くて見えない。
 ステージ脇に一台の黒いアップライトピアノ。きちんと調律がなされている。はず。
 ライトが照らすのは女の子だけ。
 聞こえるのは女の子の声だけ。
 それは素朴な童謡。
 女の子には聞こえている。メロディを彩るピアノのリズム、ハーモニー。女の子だけに聞こえている。
 ああ! 誰かこの素晴らしい音楽を皆に聞こえるようにしてください。
 稚拙でも構わないので、頼りなくても構わないので、彼女の声をそのピアノで飾り付けてください。
 ピアノは無言で佇み、女の子の歌が終わりを迎え、拍手の波が小さな講堂を満たしました。
posted by 三里アキラ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Sudden Fiction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229430413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。